株式会社ユーイーエス・ソフトウェア・アジア
サービス 会社概要 お問合せ
HOME JMatPro digimat FACSIMILE FEMAG
DIGIMAT-MX 均質化の概要 解析事例 稼働環境 DIGIMAT-AM DIGIMAT-VA DIGIMAT-RP DIGIMAT-CAE DIGIMAT-MAP DIGIMAT-FE DIGIMAT-MF TOP
新着情報

 
2018年9月21日
 

 日頃、ユーザー様には、Digimatを駆使し強い異方性を有する複合材の正しい物性を用いた各種設計シミュレーションの精度の向上や新規複合材の開発を推進されておられると思います。
同時に、これらの活用に際し、弊社に種々のご質問や各種解析の依頼が多く参っております。
弊社は以前より実モデルを用いたDigimat-FEMのマルチスケール解析を実施し、本ソフトのV&V(Validation Verification:妥当性と検証:) の結果を各学会で発表してきております。
これらを踏まえて、Digimatの活用のご支援ができるようWeb上に受託解析のカラムを設けました。これら内容に関するご質問/事例や詳細なご紹介、また、自社での新たな課題、お困りごと等がございましたらお電話/メールでご連絡いただければ対応させて頂きます。
また、Digimat導入前のベンチマークテストもお受けしております。

 

メール先:digimat@usi-asia.com
電話番号:045-308-7801  担当 神吉 康文 (カンキ ヤスフミ)

 
2018年5月18日
  <<Digimat情報>>
新バージョンに対応した各モジュールの更新、且つ、これら機能モジュールを統合化した各種製品・プロセスソルーションモジュールを追加・紹介しております。
また、複合材の物性同定法から実験も含めた各種解析事例も充実させております。
 
【Digimat:製品・プロセスソルーションモジュール】
Digimat-RP(Reinforced Plastics)

樹脂流動解析/繊維配向解析からDigimat(MAP、MF)と各種FEMとのマルチ スケール解析(Digimat-CAE)間を一連の作業としてシームレスにGUIに統合化し操作環境を効率化したソルーションモジュールです。

Digimat-VA(Virtual Allowable)

各種配向構成を有するUD積層材の仮想クーポン試験を行うソルーションモジュールです。解析では、材料の種類や積層条件、温度・湿度条件、試験片の形状などのばらつきを考慮することができ、これらのパラメータを自動的に連続バッチFEM計算で設計許容値を求めることができます。

Digimat-AM(Additive Manufacturing)

プラスチックの各種積層造形に適した新規AM用材料の開発・評価と各種積層プロセスのシミュレーションでの成形性評価、及び、プリント部品の強度構造解析と材料開発から製品性能評価間を一貫して行える総合的なシミュレーションシスムです。

 
【Digimatの最新バージョン2018の機能アップ】
詳細はDigimat「TOP」のバージョン情報(ダウンロード)をご覧ください。
MAP

残留応力/ウエルドライン/繊維含有率分布、繊維長分布のマッピングの強化.

MF

SFRPの破壊予測の向上(新しい三軸度を考慮したミクロ破壊モデル).

FEA サポートのアップデート

Digi2MarcライブラリはDigimatインストール時に自動的に作成・保存.

MSC Nastran NVH のアップデート

MSC Nastran2018.0をサポート(新しい周波数依存性のNastran用材料カード).

 
【Digimat各種解析事例の充実】
 

DigimatのV&V(Verification and Validation)のため、弊社自身が各種複合材(SFRP/LFRP/SMC)に対して行った実験とDigimatマルチスケール解析事例を多く取り上げています。 また、弊社で過去に実施しました各種セミナー資料と技術トピックスについても掲載しています。

 
 

本事例を入手希望の方は、イーメールにてdigimat@usi-asia.comへ御社名、ご所属、ご氏名、ご連絡先をご明記の上、お申し込みください。
尚、同業他社の方にはお断りする場合がありますのでご容赦ください。